皮膚科

乾癬性関節炎の病態、症状、治療

乾癬性関節炎の病態

名前そのままで、乾癬に関節炎が合併したもの。

30〜40代に好発。

乾癬性関節炎の症状

皮膚や爪に乾癬をきたし、末梢性、脊椎、仙腸関節炎を合併する。

仙腸関節炎を伴うため、腰痛や殿部痛をきたすことがある。


出典:http://nemoto-seikei.jp/hip.html

仙腸関節とは、仙骨と腸骨の間の関節。

乾癬性関節炎の治療

乾癬の治療は別として、

炎症や疼痛に対してNSAIDs。

活動性が高い場合は、メトトレキサートなどを追加。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA