内分泌代謝内科

下垂体副腎不全症でのインスリン分泌と血糖値の変化

下垂体副腎不全症でのインスリン分泌と血糖値の変化

副腎不全ではコルチゾールが低下する。

すると、コルチゾールはインスリンの拮抗ホルモンなので、インスリンの感受性が上がり、インスリンの分泌が低下する。

また、コルチゾール低下により、糖新生が抑制されて、低血糖となる。

 

 

初期研修医におすすめのサイトまとめました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA