医療用語

検査前確率と検査後確率の違いと検査後確率の求め方

検査前確率と検査後確率の違い

検査前確率 有病率
検査後確率 陽性の場合:
検査で陽性となった人の中で本当に疾患を持つ割合
陰性の場合:
検査で陰性となった人の中で本当に疾患を持つ割合

検査前確率とは、有病率のこと。

検査を行う前にわかっている疾病率だから。

検査後確率とは、検査で陽性となった人の中で本当に疾患を持つ割合。

陽性の場合は、陽性的中率ともいう。

検査後確率求め方

検査後確率=実際に疾患を持つ人/検査が陽性(陰性)となる人


出典:110F10

このような表があれば、検査後確率=9/2007と求められる。

表がなければ、感度や特異度から自分で作る。

______________________________

ある疾患Aの検査前確率(有病率)が30%とする。

100人の人がいたとすると、患者は30人、健常者は70人となる。

検査の感度が80%、特異度が90%とする。

患者のうち陽性となるのは、30×0.8=24

健常者のうち陽性となるのは、70×0.1=7

よって、陽性となるのは24+7=31

しかし、陽性となった人のうち実際に疾患を持つ人の割合(検査後確率)は

24/31×100=77.4

よって、検査前確率は77.4%となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA