腎臓内科

動脈血ガスの読み方10のステップ

動脈血ガスを読む上で、必要な知識や考え方をまとめる。

動脈血ガスの基準値

まず動脈血ガスの基準値を覚える。

動脈血ガスの項目 基準値
pH 7.35-7.45
PaCO2 35-45 Torr
PaO2 80-100 Torr
HCO3 24±2(22-26 )mEq/L
アニオンギャップ 12±2(10-14) mEq/L

 

動脈血ガスの読み方

① pHからアシデミアかアルカレミアを判定する

pH>7.45・・・アルカレミア

pH<7.35・・・アシデミア

② ①の病態が呼吸性によるか代謝性によるかを考える

PaCO2とHCO3で①の病態の原因になっている方がどちらかを考える。

PaCO2が原因・・・呼吸性

HCO3が原因・・・代謝性

③アニオンギャップ(AG)を計算する


出典:http://www.ichikarakango.net/archives/8515605.html

アニオンギャップ=Naー(Cl+HCO3)

アニオンギャップは代謝性アシドーシスの鑑別に有用である。

アニオンギャップが開大していれば、代謝性アシドーシスがあるといえる。

アニオンギャップ開大がなぜ代謝性アシドーシスを意味するかはこちら。

あわせて読みたい
アニオンギャップはなぜ代謝性アシドーシスの指標となる?アニオンギャップはなぜ代謝性アシドーシスの指標となる? 出典:http://illustrator-amy.com/categor...

AGとは?

通常測定されない陰イオン。

硫酸イオン(HSO4−)、硝酸イオン(NO3− ),乳酸イオン(CH3CH(OH)COO−),ケトン体などのアシドーシスをきたす原因のこと。

 

③−2 代謝性アシドーシスがあれば補正HCO3-を計算する|補足が必要

アニオンギャップが増えた分だけ、HCO3ーは低下する。

そのため、アニオンギャップの変化量から本来のHCO3ーを計算できる。

例えば、補正HCO3ーが高ければ、代謝性アルカローシスが合併しているといえる。

(補正HCO3-) = (測定HCO3-)+ΔAG

ΔAG = AG - 12

④ 代償性変化が生理的範囲内か、混合性障害を合併しているかを考える

代償性変化の範囲を求め、代償範囲を超えた変化が認められれば、複数の病態が合併している可能性を考える。

代償性変化が計算式で求めた範囲内なら生理的範囲内と考える。

代償性変化の範囲は以下のように計算する。


※⊿PaCO2は基準値の中央値40との差
※⊿HCO3は基準値の中央値24との差

出典:http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/resident/clinicallecture4.html

⑤ 血液ガス所見と他のデータを総合的に理解、診断する

血液ガス所見、現病歴、身体所見、検査所見を総合し、最終的な病態生理を理解、診断する

トレーニング

練習1

pH = 7.32, Pco2 = 28, HCO3- =14, Na+ = 140, K+= 5.0, Cl- = 104

※慢性腎不全の患者:クレアチニン 11mg/dl

①アシデミア
pHが7.35未満だから
②代謝性アシドーシス
アシドーシスとなる原因はHCO3ーの低下によるから
③AG=140ー(104+14)=22なので、AGは高い
補正HCO3-=14+10=24なので、代謝性アルカローシスの合併はない。
④PaCO2の生理的代償範囲は、ΔHCO3ー×1~1.3=10~13
ΔPaCO2=40-28=12
よって、PaCO2は生理的代償範囲内である
⑤慢性腎不全患者なので、腎機能低下による酸排泄障害による代謝性アシドーシスと考えられる

練習2

10歳代後半女性

主訴 嘔吐

現病歴 来院2日前からの頻回の嘔吐あり。それ以前から食欲低下を認めていた。

来院時バイタルサイン 体温 37.1℃、血圧 96/44mmHg、心拍数 113回/分、整、呼吸数21回/分、SpO2 100%(Room air)

血液ガス所見 Na 129 mEq/L、K 2.4 mEq/L、Cl 87 mEq/L、
pH 7.70、PaCO2 13 mmHg、PaO2 74.2 mmHg、HCO3- 16.9 mEq/L

①アルカレミア
②呼吸性アルカローシス
③AG=25.1
補正HCO3=30なので、代謝性アルカローシスも合併している
④ΔHCO3=27×0.2=5.4
ΔHCO3は7なので、代謝性アシドーシスによる生理的代償を超えている
よって、代謝性アシドーシスも合併している
⑤頻回の嘔吐による代謝性アルカローシスと過呼吸による呼吸性アルカローシス、さらにショックから急性腎不全が起こり、酸排泄が障害され、代謝性アシドーシスが起こっていると考えられる。

練習3

症例 30歳代男性

主訴 嘔吐、全身倦怠感

現病歴 東南アジア旅行から帰国後に症状発現

血液ガス所見 Na 146 mEq/L、Cl 98 mEq/L、
pH 7.50、PaCO2 49 mmHg、PaO2 80 mmHg、HCO3- 38 mEq/L

①アルカレミア
②代謝性アルカローシス
③AG=10で正常
④14×0.6=8.4
ΔPaCO2=9
なので、生理的代償を0.6超えている
⑤嘔吐による代謝性アルカローシスにやや呼吸性アシドーシスを合併しているかもしれない

練習4

症例 57歳男性

主訴 悪心、嘔吐、全身倦怠感

既往歴 高血圧、糖尿病

血液ガス所見 Na 149 mEq/L、K 5.9 mEq/L、Cl 100 mEq/L、BUN 110 mg/dL、Cre 9.1 mg/dL、
pH 7.40、PaCO2 38 mmHg、PaO2 72 mmHg、HCO3- 24 mEq/L

①正常
②正常
③AG=25
代謝性アシドーシスがある
補正HCO3=37
よって、代謝性アルカローシスがある
④正常値なので、不明
⑤腎不全(Cre上昇)による代謝性アシドーシスと嘔吐による代謝性アルカローシスの合併

 

アニオンギャップ正常と増加の代謝性アシドーシスの疾患は?

代謝性アシドーシス、アルカローシス

呼吸性アシドーシス、アルカローシス

をきたす病態や疾患まとめる

 

 

参考文献:

クリックして43_8.pdfにアクセス

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/resident/clinicallecture4.html

https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/544803

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA