公衆衛生

交互作用とは?

交互作用とは?


出典:https://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/160906JACC_HP_Added/yaegashi/index.html

交互作用とは、2つ以上の要因が組み合わさったときにだけ現れる作用のこと。

疾患とリスクの関係で考えると、喫煙と飲酒が重なった時に、それぞれ単独の場合よりも疾患が多くなること。

よって、食道癌では、飲酒と喫煙を両方していると、それぞれ単独の場合よりも罹患リスクが上がるので、交互作用があると言える。

注意点は、飲酒と喫煙で交互作用がある場合、喫煙単独の場合がリスクになるとは限らないということ。

あくまでも交互作用は、両方がある場合にだけ現れるリスクだから。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA