公衆衛生

交互作用とは?

交互作用とは?


出典:https://publichealth.med.hokudai.ac.jp/jacc/160906JACC_HP_Added/yaegashi/index.html

交互作用とは、2つ以上の要因が組み合わさったときにだけ現れる作用のこと。

疾患とリスクの関係で考えると、喫煙と飲酒が重なった時に、それぞれ単独の場合よりも疾患が多くなること。

よって、食道癌では、飲酒と喫煙を両方していると、それぞれ単独の場合よりも罹患リスクが上がるので、交互作用があると言える。

注意点は、飲酒と喫煙で交互作用がある場合、喫煙単独の場合がリスクになるとは限らないということ。

あくまでも交互作用は、両方がある場合にだけ現れるリスクだから。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA