小児科

BCGのコッホ現象と正常経過の鑑別

BCGでコッホ現象と正常経過の違い

コッホ現象 正常経過
別名 早期皮膚反応
経過 結核に既に感染している小児にBCGを接種すると、接種後10日以内に接種した局所に発赤、腫脹、膿瘍ができる 接種後10日〜2週間すると針痕部に発赤
症状
鑑別!
発赤、腫脹、膿瘍

出典
発赤

出典
症状の時期
鑑別!
接種後10日以内(2~3日後が多い) 接種後10日〜2週間
治療 速やかにツベルクリン反応で結核感染の有無をチェック
※BCGを打ったばかりなのでツベルクリン反応も可能なのか?
ツベルクリン反応はBCG接種後2週間で陽性になるのでまだ大丈夫なのか?
経過観察

コッホ現象とは?


出典:105D49

結核に既に感染している小児にBCGを接種すると、接種後10日以内に接種した局所に発赤や腫脹、針痕部位の化膿などが現れる現象。

結核感染の可能性があるので、速やかにツベルクリン反応で結核感染の有無をチェックする。

以前は、ツベルクリン反応による結核のスクリーニングがワクチン接種よりも先行していた。

しかし、平成17年からワクチン接種が先行することとなったので、コッホ現象陽性者は増加傾向にある。

ちなみに、通常、乳児にBCGワクチンを接種すると、接種後10日間はほとんど変化がみられない。

しかし、接種後10日〜2週間すると針痕部に発赤が現れる。

なので、10日以内に発赤、腫脹、化膿が現れることが重要。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA