小児科

新生児黄疸の光線療法開始基準3つは?

新生児黄疸の光線療法開始基準3つは?


出典:https://www.jmedj.co.jp/premium/treatment/2017/d220202/

血清ビリルビン値、日齢、出生体重。

ビリルビンが高いから光線療法を行うからビリルビンが基準となるのは当たり前。

日齢が立つほど、遷延していることになるので、日齢も基準となると考える。

また、未熟児は許容できるビリルビン値が下がるので、出生体重も基準となると考える。

横軸が日齢、縦軸が血清ビリルビン値、後は出生体重ごとに線グラフができる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA