整形外科

骨端線、骨端核とは?

骨端線、骨端核とは?


出典:https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/column/woman/seichoki_handobook_6.pdf

成長期の骨は、骨端部と骨幹部にわかれていて、その間に骨端線というものがある。

骨端軟骨の中心には骨端核があり、次第に骨になっていく。

その後、骨端線がなくなり、骨幹端部とつながる。

成長期の骨は、骨の中心部にあたる骨幹部(その端の部分は骨幹端部と呼ばれる)と、骨の端の部分(骨端部)にわかれており、その間に骨端線(成長線)が存在しています。成長期の骨端部には、骨端軟骨(成長軟骨)が存在し骨の長さの成長を司っています。成長とともに骨端軟骨の中心に骨(骨端核)ができ、次第に骨端全体が骨となり、骨端線が消失して、骨幹端部とつながって大人の骨となります

出典:https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/column/woman/seichoki_handobook_6.pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA