整形外科

化膿性骨髄炎の病態

化膿性骨髄炎の病態

細菌が骨髄侵入して感染症を起こしたもの。

血行性もしくは外傷性により細菌が侵入する。

大腿骨や脛骨などの下肢に多い。

小児に多い。

また、起因菌はブドウ球菌が多い。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA