薬の作用

薬の種類は?

国試にでる薬の名前をまとめる

薬の種類は?

作用 ゴロ
ジルチアゼム カルシウム拮抗薬
プロプラノロール β遮断薬
ドブタミン β1作動薬
(ア
ドレナリン作動薬)
ドパミン β作動薬。
β受容体に直接作用し、心収縮力を増強
。ドパミン受容体を刺激し、腎血流量を増加させ、尿量を増やす
ジゴキシン ジギタリス配糖体
スルピリド ドパミン遮断薬(定型抗精神病薬) 効果スルー(遮断)
メトクロプラミド ドパミン遮断薬 メトロ遮断、姑遮断
ブロモクリプチン ドパミン作動薬 ブロガーの茶道
カプトプリル ACE阻害薬
ヒドロコルチゾン コルチゾール
ニトログリセリン 血管拡張薬
狭心症治療薬
イソプロテレノール β刺激薬 急ぐ=刺激薬
デキサメタゾン 副腎皮質ホルモン、ステロイド
ブスコパン 抗コリン剤
レナリドミド サリドマイド誘導体
多発性骨髄腫の治療薬
アザチオプリン 免疫抑制薬
インフリキシマブ 抗TNFα抗体
シクロスポリン 免疫抑制剤
ベラパミル IV群抗不整脈薬(カルシウムチャネル阻害作用を持つ抗頻脈型不整脈薬)
ダビガトラン 抗凝固薬:トロンビン阻害薬
ラクツロース 浸透圧下剤
二糖類製剤
イミキモド 尖圭コンジローマ治療薬
ジアゼパム ベンゾジアゼピン系薬
抗不安薬
抗けいれん薬
鎮静薬
催眠
けいれん重積
絶版の便の本
ジャムパン便になる
プロカインアミド 抗不整脈薬(心房細動や発作性頻拍症など)
塩酸リトドリン 子宮収縮抑制薬
(β2刺激薬)
リトルドリル!子宮くせいわ
硫酸マグネシウム 妊婦の抗てんかん薬
子癇に対する抗けいれん薬
切迫早産での子宮収縮抑制剤
TdP発作時の治療薬
デスモプレシン 中枢性尿崩症薬:
バソプレシンと同じ働きをする
von Willebrand病薬:血管内皮からvWFを放出させる
イトラコナゾール 抗真菌薬(アスペルギルス症など) 伊東はアスペルガー
プラジカンテル 吸虫駆除剤(肝吸虫症,肺吸虫症など) ぷらぷら吸い付く虫を駆除
フルコナゾール クリプトコックス症
カンジダ症
フル粉でクリ〜〜〜感じた
プロスタグランジン関連薬 原発開放隅角緑内障の薬
動脈管の維持(肺動脈閉鎖症などの動脈管依存性の心疾患に使う)
眼房水の排泄を促進する
ミダゾラム ベンゾジアゼピン系薬
麻酔導入薬・鎮静薬
エリスロマイシン 14員環マクロライド系薬
セフェム系 広域抗菌薬
カルバペネム系 広域抗菌薬
クロミフェン 抗エストロゲン薬(選択的エストロゲン受容体調節薬)
排卵誘発薬
タモキシフェン 抗エストロゲン製剤(乳腺に対しては増殖を抑制、子宮内膜に対しては増殖を促進)
プロゲステロン 黄体ホルモンのこと
パロキセチン 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
ボルテゾミブ プロテアソーム阻害薬
多発性骨髄種薬
塩酸ヒドララジン 血管拡張薬( 妊娠中の降圧薬)
メチルドパ 妊娠中の降圧薬(α2刺激薬):α2受容体を介し、交感神経を抑制して末梢血管を拡張することで血圧を下げる
バンコマイシン MRSA
偽膜性腸炎(クロストリジウム・ディフィシル)の2nd
ガンシクロビル サイトメガロウイルス感染症薬
アシクロビル 単純ヘルペスウイルス薬
水痘・帯状疱疹ウイルス薬
バラシクロビル 単純ヘルペスウイルス薬
水痘・帯状疱疹ウイルス薬
ジドブジン HIV治療薬
ミコナゾール 真菌感染症薬
アミノグリコシド系 グラム陰性桿菌感染症(緑膿菌など?)
※嫌気性菌や膿瘍には無効(低O2では殺菌作用↓から)
シクロホスファミド 免疫抑制剤
抗悪性腫瘍剤(アルキル化剤)
スルピリド 定型抗精神病薬
メチルフェニデート ナルコレプシー薬
ADHD薬
クロナゼパム ベンゾジアゼピン系薬
フルボキサミン SSRI フルボッ○のセセリ
カルバマゼピン 抗てんかん薬(部分発作)
イミプラミン 三環系抗うつ薬
レボフロキサシン ニューキノロン系抗菌薬 作用機序はキノロンと同じ
冷房きく風呂で乳だす
ミノサイクリン テトラサイクリン系抗菌薬
ペンタゾシン オピオイド性鎮痛薬
サクシニルコリン
筋弛緩薬 =スキサメトニウム
スキサメトニウム 筋弛緩薬
モルヒネ 鎮痛、鎮静薬(痛みや呼吸困難を緩和)
肺静脈拡張作用により肺うっ血を改善
強オピオイド
ファロー四徴の無酸素発作
ACSの初期治療
フェブキソスタット 尿酸生成抑制薬
アロプリノール 尿酸生成抑制薬  
プロベネシド 尿酸排泄促進薬 プロの排泄促進屋
マンニトール 浸透圧利尿薬
原発閉塞隅角緑内障薬
ピロカルピン 縮瞳薬
原発閉塞隅角緑内障薬
アセタゾラミド 炭酸脱水酵素阻害薬
原発閉塞隅角緑内障薬
アトロピン 抗コリン薬
副交感神経のムスカリン受容体拮抗薬
 
EPA製剤 脂質異常症薬(トリグリセリドを低下させる )
アミオダロン Ⅲ群抗不整脈薬(K、Na、Ca、β受容体遮断)
心室細動の薬 
アモキシシリン 広域ペニシリン 
ラミブジン 抗HIV薬 
エンテカビル  B型肝炎ウイルス薬 
ソホスブビル C型肝炎ウイルス薬  Cカップの細い人がレジでパス
レジパスビル C型肝炎ウイルス薬 
 ゲフィニチブ EGFRチロシンキナーゼ阻害薬
 トリヨードサイロニン T3製剤 
 サイロキシン T4製剤 
 アセチルスピラマイシン マクロライド系 
 エルゴタミン製剤 片頭痛の急性期治療薬 
 エピネフリン アドレナリン 
ノイラミニダーゼ阻害薬 インフルエンザ治療薬
メトホルミン ビグアナイド薬 
トルバプタン 利尿薬(選択的競合的バソプレシン受容体拮抗薬) 
 プラミペキソール ドパミン受容体作動薬
むずむず脚症候群の薬
 アセトアミノフェン 解熱鎮痛薬
カロナールともいう
アスピリンと同様、COX活性を阻害することでプロスタグランジンの産生を抑制するが、その効果は弱い。解熱・鎮痛作用はCOX阻害以外の作用によるが詳細不明。
クロラムフェニコール系  抗菌薬
スルバクタム  β-ラクタマーゼ阻害剤 
アセチルスピラマイシン マクロライド系
妊娠梅毒でペニシリンが使えない時
ハロペリドール 定型抗精神病薬
統合失調症治療薬
リスペリドン 非定型抗精神病薬
統合失調症薬の第一選択
メチルエルゴメトリン 麦角アルカロイド (子宮収縮薬)
スピロノラクトン 抗アルドステロン性利尿薬 
ジソピラミド Ⅰa群抗不整脈薬 不整で気になるピラミッド
キニジン  Ⅰa群抗不整脈薬
酸化マグネシウム 緩下薬
制酸剤
効果発現には数時間を要する
ニカルジピン Ca拮抗薬 
ニフェジピン Ca拮抗薬 
ドネペジル コリンエステラーゼ阻害薬
アドリアマイシン アントラサイクリン系の悪性腫瘍薬 心毒性あり
ブレオマイシン ブレオマイシン系の悪性腫瘍薬
ビンブラスチン  悪性腫瘍薬 
ダカルバジン アルキル化剤系の抗がん剤
低用量アスピリン 抗血小板薬 
   
   

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA