必修

滲出性胸水と漏出性胸水の違い

滲出性胸水と漏出性胸水の違い

以下の3項目のうち、少なくとも1項目を満たせば滲出性、いずれも満たさなければ漏出性と判断する。

Lightの基準 

胸水 TP/血清TP>0.5
胸水LDH/血清LDH>0.6
胸水LDHが血清LDH上限値の2/3以上

よって、滲出性胸水は、総蛋白やLDHが多い胸水と言える。

漏出性胸水の病態

静水圧の上昇や血漿膠質浸透圧の低下などによって、水だけが胸腔内に移行すると考えられる。

心不全が最も一般的な原因。

また、肝硬変や低アルブミン血症では、血漿蛋白が低下するので、血漿膠質浸透圧の低下によって漏出性胸水をきたす。

滲出性胸水の病態

毛細血管透過性の亢進により、体液、タンパク、細胞などの血清成分が滲出する。

肺炎、悪性腫瘍、ウイルス感染症、結核などによる炎症が原因となると考えられる。

また、肺塞栓症も原因となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA