必修

胃癌で肝転移が多い理由

胃癌で肝転移が多い理由

胃癌の血行性転移では、肝転移がもっとも多い。

血行性転移とは、血流に沿って癌が他臓器へ転移すること。

なので、原発巣の癌が血流に乗って、最初に行き着く臓器に転移しやすいと考えられる。

胃の血液は、門脈を介して、肝臓に最初にいくので、胃癌の血行性転移では、肝転移が多いと考えると覚えやすい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA