血液検査

LDH(乳酸脱水素酵素)とは?高値、低値?

LDH(乳酸脱水素酵素)とは?

LDHはLactate Dehydrogenaseの略で、乳酸脱水素酵素という意味である。

LDHは、肝臓、腎臓、肺などの臓器や骨格筋、心筋などの筋の他に赤血球に多く含まれている。

そのため、これらの臓器や細胞が破壊されると、血中にLDHが漏出し、血液検査でLDHが高値となる。

特に、赤血球に多く含まれていると覚えておくと、溶血性貧血では、LDHが高値になると理解できる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA