112回医師国家試験

新生児マススクリーニングは生まれてすぐ行わない理由

新生児マススクリーニングは生まれてすぐ行わない理由


出典:https://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/baby/medical_page_analysis.html

新生児マススクリーニングとは、名前の通り新生児に対して行うスクリーニング検査のこと。

生後4~6日目の赤ちゃんのかかとの外側部から、ごく少量の血液をろ紙にしみ込ませて、専門の検査機関に送り検査するもの。

アミノ酸、有機酸、脂肪酸、糖質などの代謝異常を調べるため、哺乳を開始し体内で代謝が始まってから検査をする必要がある。

なので、生後4~6日目に行われる。

また、インフォームド・コンセントが必要。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA