外科

消化管穿孔で造影剤が禁忌な理由は?なぜ?

消化管穿孔で造影剤が禁忌な理由は?なぜ?

消化管穿孔では、バリウムなどの消化管の造影剤は禁忌です。

なぜなら、腹腔内にバリウムが漏れることで、バリウム腹膜炎を起こす可能性があるから。

【禁 忌】(次の患者には投与しないこと)
(1)消化管の穿孔又はその疑いのある患者[消化管外(腹腔内 等)に漏れることにより、バリウム腹膜炎等の重篤な症状を 引き起こすおそれがある。

出典:http://www.fushimi.co.jp/for-medical-personnel/medicine1/pdf/baritogen.pdf

下部消化管穿孔により、バリウムが腹腔内に漏れた場合は、バリウムと便が同時に漏れ出るため、ひどい炎症をきたし、重篤になると考えられる。

バリウム腹膜炎の死亡率は高く非常に重篤な疾患であるが,その機序として,バリウムと腸管内容(便塊)とが腹腔内に同時に漏れると催炎症反応が相乗効果的に増加することがあげられる.また術後残存したバリウムが肉芽腫を形成し術後の癒着性イレウスや吻合部狭窄を引き起こしたとの報告もある

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA