手技

採血で穿刺部位を心臓より低くする理由

採血で穿刺部位を心臓より低くする理由

採血で穿刺部位を心臓より低くする理由は、腕の静脈血流をよりうっ滞させることができるから。

採血を成功するためには、いかに良い血管を出すかで勝負が決まる。

なので、駆血帯を巻いたり、手を握らせたりするのも静脈を怒張させる目的で行なっており、採血で穿刺部位を心臓より低くするも同様の目的のためとなっている。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA