膠原病内科

シクロホスファミドの免疫抑制剤としての機序

シクロホスファミドの免疫抑制剤としての機序

シクロホスファミドはアルキル化薬であり、DNAをアルキル化することで複製や合成を阻害する。

この働きにより、T細胞やB細胞が減少するため、免疫抑制作用がある。

CPを含むアルキル化薬の作用は活性代謝物によるDNA(deoxyribonucleic acid)のアルキル化に基づいている. これによりDNAが架橋され,その複製や合成が阻害されてアポトーシスが引き起こされる.

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/98/10/98_2500/_pdf

自己免疫性疾患に投与した場合,T細胞,B細胞数も減少するが,B細胞の方が感受性が高いという報告がある2).また,動物実験でリンパ組織のB細胞領域が減少す
ること3)などが知られている.したがって,CPによる免疫抑制機序においてはB細胞に対する比較的選択的な抑制作用が重要であると考えられている1).

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/98/10/98_2500/_pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA