膠原病内科

肺高血圧症の検査

肺高血圧症の検査

肺動脈圧は、ドプラ法で三尖弁逆流のピーク血流速から推定できる。

また、重症化すると右室拡大なども見られる。

確定診断は、右心カテーテル検査が必要。

心エコー法による検査は,非侵襲的に肺動脈圧を推定できることから,肺高血圧症の診断における gate keeper(門番)として用いられる.肺高血圧症が疑われる患者,ある
いは肺高血圧症を合併する可能性のある疾患の患者には,積極的な施行が推奨される.ただし,心エコー検査だけで肺高血圧症の確定診断を下すことはできない.肺高血圧症
の診断を確定し,その後の治療を考慮するのであれば,右心カテーテル検査が必須である.
肺動脈収縮期圧は,三尖弁逆流のピーク血流速から,簡易ベルヌーイ式を用いて推定される.
推定肺動脈収縮期圧=4 ×(三尖弁逆流ピーク速度)2+ 推定右房圧

出典:http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2017_fukuda_h.pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA