小児科

新生児壊死性腸炎の病態、症状、診断、治療

新生児壊死性腸炎の病態

低出生体重児や人工栄養児に多い。生後2〜3週間で起こる。

未熟児では、腸の免疫や運動が未熟なので、腸の中で細菌が異常に増える。

さらに、血行障害により、腸の壁に傷ができると、細菌が腸の壁のなかに入り込み壊死をきたす。

母乳では免疫物質が豊富なので、細菌増殖が防がれると考えると、人工栄養児に多いと理解できる。

新生児壊死性腸炎の症状


出典:http://www.jsps.gr.jp/general/disease/gi/55v9rc

著名な腹部膨隆、下血、イレウス

腸閉塞により、ガスがたまるから腹部膨隆すると考える。

炎症により、下血やイレウスも起こると考える。

新生児壊死性腸炎の診断

腹部X線:腸壁内の気腫像、門脈内気腫像

細菌が損傷した腸壁に入り込み水素ガスを生じる。

腸管壁内でガスの蓄積が生じるため、腸壁の気腫像が見られる。

また、門脈にガスが入る所見も見られる。

新生児壊死性腸炎の治療

まずは保存的療法(哺乳などの経腸栄養の中止、輸液、広域抗菌薬、経鼻胃管吸引)

腸管穿孔や壊死、腹膜炎をきたした場合:手術

まずはイレウスと同じような保存的療法を行う。

手術となるのは、腸重積やイレウスなどと同じで、穿孔や壊死をきたした場合と考える。

ほとんどイレウスと治療方針は変わらない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA