消化器内科

早期ダンピング症候群と後期ダンピング症候群の違い

早期ダンピング症候群とは?

早期ダンピング症候群は、食後30分前後で起こる。

胃が切除されているので、通常よりも浸透圧の高い食べ物が腸内に入ると、水分が腸の中に引き込まれることで脱水状態となる。

その結果、動悸、立ちくらみ、めまい、悪心が起こる。

後期ダンピング症候群とは?

後期ダンピング症候群は、食後2~3時間でみられる。

食物が短時間で吸収されるため、一時的に高血糖になるが、インスリンが大量に分泌されることで、低血糖となる。

症状は、頭痛、倦怠感、冷汗、めまい、手指のふるえなど。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA