消化器内科

BT-PABA試験とは?

BT-PABA試験とは?

BT-PABA試験とは、PFD(pancreatic functioning diagnostant)試験、つまり膵外分泌機能検査の一つ。

BT-PABAという薬剤を服用することからBT-PABA試験と言われているよう。

慢性膵炎では、膵外分泌機能が低下するため有効となる。

BT-PABA試験の機序

BT-PABAを経口投与すると、膵臓のキモトリプシンによって加水分解を受ける。

すると、PABAが遊離し、小腸で吸収される。

PABAは肝臓でグルクロン酸抱合を受けると、腎臓から尿中へ排泄される。

服用開始6時間後の尿を全部集め、PABA排泄率を測定する。

尿中にPABAがどれくらい排泄されたかを元に、膵臓のキモトリプシン活性を間接的に測定することができる。

つまり、膵外分泌機能の異常を調べることができる。

正常値は6時間排泄率で73.4~90.4%。

70%以下と排泄率が低下していれば、キモトリプシンなどの外分泌機能低下が示唆されるため、異常となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA