皮膚科

天疱瘡と水疱性類天疱瘡の違い

天疱瘡と水疱性類天疱瘡の違い

尋常性天疱瘡/落葉状天疱瘡 水疱性類天疱瘡 SLE
後天性表皮水疱症
水疱の種類 弛緩性水疱 緊満性水疱
抗原の場所 表皮細胞間 表皮基底膜 表皮基底膜
抗体の種類 IgG、C3 IgG、C3
画像
出典

出典
治療 副腎皮質ステロイド
免疫抑制薬
副腎皮質ステロイド
免疫抑制薬

尋常性天疱瘡と落葉状天疱瘡だけは表皮細胞間抗体。

水疱性類天疱瘡やSLE、後天性表皮水疱症は全て表皮基底膜抗体と覚える。

天疱瘡では、表皮細胞間の抗体によって水疱ができるので、浅いところにできるため、膜が薄いので、すぐに破れてしまう。

なので、弛緩性水疱となる。

一方、水疱性類天疱瘡は、比較的深いところにできるので、膜が厚くなかなか破れないため、弛緩した水疱となる。

どちらも自己免疫が原因となる疾患なので、治療は、自己免疫を抑えるために副腎皮質ステロイドと免疫抑制薬。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA