内分泌代謝内科

糖尿病ケトアシドーシスの病態、症状、原因、診断、治療

糖尿病ケトアシドーシスの病態

1型糖尿病患者がインスリンの自己中断をしたり、感染やストレスでインスリンの作用が低下する。

すると、糖分が使えないので、血糖値が上昇し、浸透圧利尿により脱水となる。

また、β酸化が亢進し、ケトン体が過剰に産生される。

その結果、ケトン体増加による代謝性アシドーシスであるケトアシドーシスをきたす。

1型糖尿病に好発。

糖尿病ケトアシドーシスの症状

意識障害

脱水による症状(口渇、多飲、多尿、血圧低下、頻脈など):高血糖による浸透圧利尿による

ケトアシドーシス:ケトン体増加による

クスマウル大呼吸

アセトン臭

糖尿病ケトアシドーシスの原因

インスリンの自己中断、感染症、ストレス

糖尿病ケトアシドーシスの診断

血液検査:血糖値↑↑、ケトン体↑、代謝性アシドーシス、BUN↑

尿検査:尿糖+、尿中ケトン+

糖尿病ケトアシドーシスの治療

生食の輸液:脱水に対して

速効型インスリン静注、ついで持続点滴静注:高血糖に対して

低K血症となるので、電解質のフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA