公衆衛生

C型肝炎が1930年代に生まれた人に多い理由

C型肝炎が1930年代に生まれた人に多い理由

第二次世界大戦後の混乱期に広く覚せい剤が蔓延した。

この時に、注射器の使いまわしにより、C型肝炎の感染が拡大した。

さらに、売血により、輸血を通して、広く国民に感染した。

よって、肝細胞癌(肝臓癌)も1930年代に生まれた人に多い。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA