婦人科

無排卵性月経による性器出血の病態

無排卵性月経の病態

無排卵性月経とは、排卵を伴わずに月経が起こること。

成熟した卵胞が排卵することなく退縮する。

排卵が起こらないため、黄体が形成されないので、プロゲステロンが欠如して、内膜を維持できないため、破綻出血が起こる。

初経から数年間と閉経直前は無排卵の周期が続くため、子宮出血が起こることがあると考える。

 

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA