婦人科

無排卵性月経による性器出血の病態

無排卵性月経の病態

無排卵性月経とは、排卵を伴わずに月経が起こること。

成熟した卵胞が排卵することなく退縮する。

排卵が起こらないため、黄体が形成されないので、プロゲステロンが欠如して、内膜を維持できないため、破綻出血が起こる。

初経から数年間と閉経直前は無排卵の周期が続くため、子宮出血が起こることがあると考える。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA