精神科

むずむず足症候群の病態、治療

むずむず足症候群の病態

夜間安静時に、両足に虫が這うような不快な感覚を感じる。

足を動かすと改善する。

ドパミン系の機能不全が原因だと考えられる。

むずむず足症候群の治療

ドパミン作動薬。

安静時振戦の起こるパーキンソンと同じで動いてしまうというイメージをもつ。

すると、ドーパミンを刺激すれば良いと考えられるので、薬が導ける。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA