110回医師国家試験

低K血症で代謝性アルカローシスになる理由

低K血症で代謝性アルカローシスになる理由

低カリウム血症となると、K+は細胞内に多いので、K+が細胞内から細胞外に移行する。

すると、電気的中性を維持するため、H+が細胞外液から細胞内へ移行する。

また、遠位尿細管のNa–K交換部位でも、K+の代わりにH+が排泄されやすくなる。

その結果、血液内のH+が減少することで、アルカローシスになる。

つまり、Kが減ると、Kが細胞内から出てくる代わりにHが細胞内に入ってしまう。

また、Kは貴重なので、代わりにHが排泄されやすくなると考える。

KとHは同じ陽イオンなので、動きの方向に関係があると考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA