公衆衛生

偶然誤差とは?防止法は?

偶然誤差とは?

一定の方向性を持たない誤差。大きく見積もることも小さく見積もることもある。

偶然誤差は症例数を増やすことで、平均すると0に近づけることができる。

多くの症例を集めることで、色々な背景を持った患者が集まってくることで偏りがなくなると考える。

しかし、系統誤差は0にはならない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA