111回医師国家試験

後発白内障の病態、治療

後発白内障の病態

後に発症というのは、白内障の手術後に起こるから。

白内障の手術後、眼内レンズ後面が、残存した水晶体上皮細胞の増殖により覆われて、混濁を起こす。

後発白内障の治療


出典:https://ameblo.jp/konnoganka/entry-12446604496.html

後嚢切開(レーザー)

レーザーを用いて、水晶体嚢の混濁を切除する

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA