感染症内科

比較的徐脈の定義、疾患のゴロ

比較的徐脈とは?

高熱のわりに脈拍があまり上昇していない状態。

高熱なのに比較的に徐脈ということ。

厳密な定義はないが、一般的に1℃体温が上昇するごとに脈拍は10回/分上昇するとされる。

39℃で110当番

と覚えて、39℃でHR<110なら比較的徐脈と考える。

比較的徐脈をきたす疾患

比較的、オレのサル、ブルーチーズ好き

比較的:比較的徐脈
オ:オウム病
レ:レジオネラ症
さ:サルモネラ感染症
ブ:ブルセラ症
チ:腸チフス
ズ:髄膜炎

参照:https://input.medilink-study.com/detail.php?index=155&t=p

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA