必修

脊髄病変の高位診断で髄節障害を判定する指標は?

脊髄病変の高位診断で髄節障害を判定する指標は?

腱反射

ある脊髄レベルで腱反射が低下しているが、それより下位で腱反射亢進があれば、そのレベルの髄節が障害されていると考えられる。

腱反射の低下ならば、上位運動ニューロンは保たれているので、脊髄障害はないと考えられる。

しかし、腱反射亢進がある部分では上位運動ニューロン障害があると考えられるから。

 

【12/31まで医師限定】「MRT」登録で10,000円もらえるキャンペーン中!

医師向け求人紹介サービス「MRT doctor」が現在会員募集に力を入れており、10,000円分のポイントがもらえる新規登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、10,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければ下のリンクから登録してみてください。

ポイントは2023年2月初旬に付与予定です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA