鑑別に関わる症状

高血圧の鑑別疾患

高血圧の鑑別疾患

本態性高血圧
二次性高血圧(褐色細胞腫、腎実質性高血圧、腎血管性高血圧、クッシング症候群、原発性アルドステロン症など)
高血圧性脳症
脳卒中
大動脈解離
急性冠症候群
子癇
高血圧性左心不全
SAS
先端巨大症

高血圧の鑑別疾患は多い。

鑑別疾患を挙げる考え方としては、本態性と二次性はすぐ挙げられる。

さらに、高血圧が原因で起こる脳卒中、急性冠症候群、大動脈解離もあげる。

さらに、子癇やSASなどもあげたい。

大動脈解離、急性冠症候群などでは高血圧が原因にもなるが、痛みによって交感神経が亢進してさらに高血圧になるとも考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA