内分泌代謝内科

原発性アルドステロン症診断のための負荷試験の原理

原発性アルドステロン症診断のための負荷試験の原理

フロセミド立位負荷試験 フロセミド投与により、循環血漿量を減少させる。また、立位にさせて交感神経を緊張させると、RAA系が亢進し、通常ならレニンが増加する。しかし、原発性Ald症ではレニンが抑制されたままになる。
カプトプリル試験 ACE阻害薬投与すると、通常はAldは低下する。しかし、原発性Ald症ではAld分泌が低下しない。
生理食塩水負荷試験 生理食塩水を投与し、循環血漿量を増加させると、RAA系が抑制されるので、通常ならAldが低下する。しかし、原発性Ald症ではアルドステロンが低下しない。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA