血液内科

特発性血小板減少性紫斑病の病態、診断、治療

特発性血小板減少性紫斑病の病態

自己免疫により、血小板の破壊が亢進し、血小板が減少することで、出血傾向により紫斑をきたす。

Ⅱ型アレルギーが関与する。

自己免疫によるとわかったことで、現在は免疫性血小板減少性紫斑病となっている。

特発性血小板減少性紫斑病の診断

骨髄で巨核球が正常もしくは増加

血小板減少を補うため。

特発性血小板減少性紫斑病の治療

ピロリ菌陽性なら、除菌。

副腎皮質ステロイド。(自己免疫によるから)

脾摘

など

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA