腎臓内科

リドル症候群の病態、治療

リドル症候群の病態

リドル症候群とは、先天性の集合管のNaチャネルの機能亢進が原因。

ナトリウム再吸収とカリウム排泄が亢進するため、レニン↓、アルドステロン↓となり、原発性アルドステロンと同じような変化をきたすと考える。

Na↑、K↓によって循環血漿量が増加し、高血圧、低Kとなる。

レニン活性は低下する。

リドル症候群の治療

塩分制限、Naチャネル阻害薬

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA