薬の作用

PSVTにATPはなぜ有効?

PSVTにATPはなぜ有効?

ATP(アデノシン三リン酸)は血中でアデノシンに代謝される。

洞房結節や房室結節にあるアデノシン受容体に作用し、洞房、房室結節の興奮を抑制するとのこと。

PSVTで使われる。

洞房結節・房室結節にはアデノシン受容体があり、ATPは血中でアデノシンに代謝されアデノシン受容体を介し洞房、房室結節の興奮を抑制します。つまり、Caイオン電流を遮断し脱分極を抑制し心拍を低下させます。

出典:https://kango-oshigoto.jp/hatenurse/article/1793/

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA