循環器内科

リンパ性浮腫はなぜ非圧痕性か?

リンパ性浮腫はなぜ非圧痕性か?

リンパ液は、タンパク質を含んだ過剰な体液を回収し、静脈角へと運ぶ。

そのため、リンパ管が閉塞すると、間質のタンパク質濃度が高くなるので、非圧痕性浮腫となると考えられる。

非圧痕性浮腫は 間質の蛋白濃度が増加するリンパ浮腫やムコポリ サッカライドが増加する

出典:https://www.jslm.org/books/guideline/05_06/014.pdf

リンパ液は、タンパクや白血球などを運びます。また、腋窩(えきか:わきの下)や、首の付け根、そけい(脚の付け根)などには、「リンパ節」という豆のような形をした組織があり、感染やがんが全身へ広がることを抑える役割を持っています。

出典:https://ganjoho.jp/public/support/condition/lymphedema.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA