産婦人科

臍動脈と臍静脈は動脈血・静脈血のどっち?覚え方は?

臍動脈と臍静脈が動脈血・静脈血のどっちかの覚え方

出典:胎児循環

臍動脈と臍静脈を流れる血液が動脈血なのか、静脈血なのかは間違えやすいです。

しかし、覚え方を理解しておくと、簡単に覚えることができます。

ポイントは、動脈は心臓から出ていく血管であること、静脈は心臓に戻る血管であるということです。

基準の心臓は胎児の心臓なので、胎児の心臓から胎盤に出ていく血管は、臍動脈。

胎盤から胎児の心臓へと戻る血管は臍静脈となります。

これで、名称を間違えることはなくなるでしょう。

そして、胎児の血液は、胎盤で母親の血液から酸素を受け取って動脈血となります。

そのため、胎児の心臓から胎盤に出ていく臍動脈は、静脈血

胎盤から胎児の心臓へと戻る臍静脈は、動脈血となるのです。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA