未分類

心身症とは?

心身症とは?

心身症とは、ストレスなどの心理的要因が症状を悪化させる身体疾患のこと。

つまり、心身症は身体疾患のことであり、うつ病などの精神障害に伴う身体症状ではないことに注意が必要である。

心身症の具体的疾患は、気管支喘息、過換気症候群など挙げれがキリがない。

治療は、身体的側面と精神的側面からのアプローチが必要なので、心療内科が得意な分野となる。また、身体科の医者と精神科医が協力して行うこともある。

「心身症とは、身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する。」

日本心身医学会の心身症の定義(1991)

 

心身症がしばしば認められる身体疾患

呼吸器系 気管支喘息、過換気症候群*
循環器系 本能性高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈
消化器系 過敏性腸症候群、胃・十二指腸潰瘍
内分泌・代謝系 糖尿病、甲状腺機能亢進症、摂食障害*
神経・筋肉系 緊張型頭痛、偏頭痛、痙性斜頸、書痙、自律神経失調症*
皮膚系領域 アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、円形脱毛症
整形外科領域 頸肩腕症候群、腰痛症、慢性関節リウマチ
婦人科領域 月経前症候群*、月経異常、更年期障害

出典:http://www.n-ushicli.com/mentalsupport/other-psychosomatic-diseases.html

 

初期研修医におすすめのサイトまとめました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA