精神科

トゥレット症候群の病態、症状、治療

トゥレット症候群の病態

遺伝的要因により、複数の運動チックと意図しない音や言葉が突然繰り返し発せられる音声チックが両方とも1年以上継続するもの

トゥレット症候群の症状

汚言が見られることもある。

睡眠中には消失することが多く、短時間なら自分で症状を止めることができる

緊張状態やチックを注意されると増悪する。

トゥレット症候群の治療

10歳代後半で症状は軽減する

抗精神病薬

心理療法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA