必修

バルサルバ手技の機序

バルサルバ手技の機序

発作性上室性頻拍の治療法。

息こらえにより、胸腔内圧が上昇すると、静脈還流量が減少し、心拍出量が低下する。

その結果、血圧が低下するので、代償的に交感神経が亢進する。

この状態で、息こらえをやめると、胸腔内圧が低下するので、静脈還流量が増加し、心拍出量が増加により、さらに血圧が上昇する。

すると、血圧が上がりすぎるので、迷走神経反射により、血圧低下、徐脈をきたす。

つまり、迷走神経反射を起こさせるために、無理やり血圧が上昇した状態を作ると考える。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA