婦人科

ピルの作用機序

ピルの作用機序

ピルは避妊や子宮内膜症の薬として利用される。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、小腸で吸収されると、血中にエストロゲンとプロゲステロンが入る。

すると、血中に十分な濃度の卵巣ホルモンがあると間脳・下垂体が判断するので、ネガティブ・フィードバックにより、ゴナドトロピン放出ホルモンや性腺刺激ホルモンが抑制される。

その結果、卵胞の発育は抑制され、排卵も起こらないし、卵巣からのホルモン分泌も抑制される。

排卵が起こらないので妊娠するなんてありえないということ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA