整形外科

化膿性骨髄炎と化膿性脊椎炎の違い

化膿性骨髄炎と化膿性脊椎炎の違い

急性化膿性骨髄炎 化膿性脊椎炎
病態 扁桃炎や上気道炎から血行感染する 糖尿病などの易感染性を背景に椎体や椎間板に感染する
易感染性の背景 +
症状 発熱
骨幹端部の腫脹や疼痛
腰痛
背部痛
好発年齢 小児 中高年
好発部位 長管骨の骨幹端部
起因菌 黄色ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌
合併症 感染性心内膜炎
腸腰筋膿瘍:近いので波及する
治療 抗菌薬
排膿
デブリドマン
抗菌薬
無効の場合:
脊椎固定術

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA