婦人科

卵巣過剰刺激症候群の病態、治療

卵巣過剰刺激症候群の病態

排卵誘発剤投与により、多数の卵胞が発育したり、過剰に反応し腫大することが原因。

アンギオテンシン2という物質が過剰分泌されたり、サイトカインなどの影響によって、血管透過性亢進をきたし、大量の腹水や胸水の貯留をきたすことで、血管内脱水となり腎不全をきたす。

また、脱水により、血栓症も起こる。

多嚢胞性卵巣症候群に対する排卵誘発により起こりやすい。

卵巣過剰刺激症候群の治療

輸液
低容量ドパミン持続投与
アルブミン投与

脱水による尿量を確保するために輸液、ドパミンを投与すると考える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA