小児科

呼吸窮迫症候群の病態、診断、治療

呼吸窮迫症候群の病態

肺サーファクタントの欠乏により、肺胞が虚脱し、換気や酸素化が障害される。

肺サーファクタントの分泌が不十分な34週以前の早産児、低出生体重児に好発する。

呼吸窮迫症候群の診断

羊水や出生後は胃液を用いてマイクロバブルテストにより、肺サーファクタント活性を測定し、診断する。

呼吸窮迫症候群の治療

サーファクタントの不足が原因だから、人工サーファクタントを注入。

虚脱が原因なので、CPAPによる人工換気。

予防:早産が予想される場合はステロイド投与。

ステロイドは、肺サーファクタントの産生促進、分解抑制などの作用がある。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA