血液内科

成人T細胞白血病(ATL)の病態、診断、治療

成人T細胞白血病の病態

成人T細胞白血病ウイルスに感染した人の2〜5%が30〜50年後に発症する。

母乳が主な感染経路。

九州を中心とした西日本に多い。

成人T細胞白血病の症状

高Ca血症:腫瘍細胞からPTHrP産生による

 

成人T細胞白血病の診断

フラワーcellが特徴


出典:108A58

マーカー:可溶性IL-2受容体↑

成人T細胞白血病の治療

多剤併用化学療法
造血幹細胞移植
モガムリズマブ(抗CCR4抗体):CCR4+例に対して

高Ca血症の治療

名前に白血病とあるくらいなので、治療は白血病と同じような感じとおぼえる。

高Ca血症をともなうので治療が必要。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA