血液内科

一次止血と二次止血の違い

一次止血と二次止血の違い

一次止血(血小板血栓)


出典:http://www.ketsukyo.or.jp/plasma/hemophilia/hem_02.html

一次止血とは、損傷部位に血小板の凝集が起こり、血小板血栓により損傷部位を塞ぐというもの。

血小板、フィブリノーゲン、VWFにより行われる。

二次止血(フィブリン血栓)


出典:http://www.ketsukyo.or.jp/plasma/hemophilia/hem_02.html

凝固因子の活性化により、フィブリンが生成される。

フィブリンの網が血小板血栓の全体をおおい固めることで止血が完了する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA