消化器内科

ICG15分値とは?

ICG15分値とは?

ICG(インドシアニングリーン)という緑の色素を静脈に注射し、15分後に血中に残っている割合を調べる。

尿中ではなく血中の割合を調べるので、低い方が排泄良好なので、肝機能は正常と考える。

PT-PABAは尿中から排泄されるので、尿を調べるため、70%以下と低下すると異常になるのとは、逆なので注意する。

ICG15分値は肝臓排泄なので、尿を調べるわけには行かず、血液を調べると考える。

ICG(インドシアニングリーン)は肝細胞に取り込まれ、胆汁中に排泄されるので、肝臓の機能を診断できる。

15〜40%で肝障害度B


出典:http://kumicho.asia/a-65-2825.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA