婦人科

クロミフェン療法とゴナドトロピン療法(排卵誘発法)の違い

排卵誘発法の違い|適応など

クロミフェン療法 ゴナドトロピン療法
(hMG-hCG療法/FSH-hCG療法)
作用機序 抗エストロゲン作用のあるクロミフェンが内因性エストロゲンと競合して視床下部のエストロゲン受容体に結合

視床下部がエストロゲン↓と認識しGnRH↑

LH、FSH↑

排卵
FSH作用のあるhMG製剤もしくはFSH製剤を投与

卵胞の発育が促進される

一定の大きさに発育後に、LH作用があるhCGを投与

排卵
適応 第1度無月経
希発月経
無排卵周期
PCOS
第2度無月経
クロミフェン療法無効例
妊娠率 低い 高い(流産率も高い)
合併症 卵巣過剰刺激症候群
多胎妊娠

クロミフェン療法は内因性のホルモンの分泌を促進する。

一方、ゴナドトロピン療法は人工的にホルモンを補充するので、副作用があると考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA