整形外科

発熱を伴う膝の関節炎の鑑別3つ

発熱を伴う膝の関節炎の鑑別3つ

偽痛風
(結晶誘発性関節炎)
痛風
(結晶誘発性関節炎)
化膿性関節炎
病態 ピロリン酸Caの結晶が関節腔内に沈着する。
発熱が自然に消失するというエピソードが特徴。
発作を繰り返す。
高尿酸血症が持続することで、尿酸塩が組織に沈着し、強い関節痛の発作をきたす 多くは医原性。
関節穿刺後数日で疼痛、腫脹が現れる。
誘因 大量飲酒
激しい運動
高尿酸血症治療薬による急激な尿酸値の低下
関節穿刺
沈着するもの ピロリン酸Ca 尿酸塩結晶
発熱や関節痛が数日で自然に改善したエピソード
鑑別!
+(特徴的!) +(発作は1週間以内に軽快)
関節穿刺液
鑑別!
黄色に混濁(好中球増加による) 偏光顕微鏡で針状結晶 混濁
細菌+
好発部位
鑑別!
膝関節
肩関節
股関節
足関節
頚椎
胸椎
腰椎
などにも起こる
※大関節に起こる
母趾のMTP関節
発熱 しばしば しばしば あり
診断 半月板や関節裂隙の石灰化

出典:105I40

出典:113D40
病理 偏光顕微鏡:方形のピロリン酸Caの結晶の証明 偏光顕微鏡:針状結晶の証明 起因菌の証明
治療 対症療法:
安静
NSAIDs
ステロイド
関節液の穿刺排液
発作前兆期:
コルヒチン
発作極期:
NSAIDsパルス
ステロイド
間欠期:
尿酸排泄促進薬(プロベネシド)
尿酸生成抑制薬(アロプリノール、フェブキソスタット)
抗菌薬
切開排膿
持続洗浄
合併症 皮下結節(痛風結節):痛風発作を繰り返すうちに関節の破壊、尿酸塩の蓄積によりできる肉芽腫
腎障害(痛風腎)

出典

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA